ルーテル教会とは

 私たちの教会は「日本福音ルーテル東京池袋教会」が正式名称です。通常は「池袋教会」とか「ルーテル教会」と呼ばれています。
 1907年にフィンランドのルーテル教会の宣教師が伝道を開始したのが始まりで、2007年には100周年を迎える伝統ある教会です。現在の礼拝堂はフィンランドの木の温もりを感じさせる建物で、1984年(第3会堂)に建てられたものです。パイプオルガンも1993年に設置されました。
イースター礼拝
イースター礼拝

line

聖餐式
聖餐式
 教会の活動の中心は礼拝ですが、厳かな雰囲気の中で、祈りと賛美を共にし、聖書の教え(説教と呼びます)に耳を傾けます。月に二度は、パンとぶどう酒をいただく聖餐式が行われています。喧騒の毎日を過ごす私たちは、礼拝を中心にした集会で心を新たにし、新しく始まる一週間の英気を養います。また礼拝後はお茶を飲みながら交流を深めていますので、希望される方は交わりの輪にお加わり下さい。
 益々混迷を深め、本当の癒しと希望を見出すことができず、人の幸いな生き方も語ることの少ない現代にあって、聖書の教えにその答えを見出すことができるに違いありません。
 その他の諸集会については、集会案内をご覧下さい。

line

~教会の全体写真~
●教会全景 ●教会の前景 ●正面玄関
●十字架外観 ●教会廊下 ●小聖壇
●礼拝堂 ●説教壇 ●聖卓
●パイプオルガン ●礼拝堂背壁 ●教会墓地(多磨霊園)